Sponsored Link

シングルマザーは危なくても進む

 「どこ、行くの?」とおじさんに聞かれたので、「五丈の滝まで行くんです」と答えた。
 「3人で行くの?」と言うので、そうだと答えると、「危ないよお」と言われた。
 「崖っぷちだから、ひとりでふたりを連れて行くのは、危ないよ」と、おじさんが言った。


 それでも、もちろん、私は出かけた。
 だって、他にいないもの。夫は、いないもの。
 私が、両手でそれぞれの子供の手をつなぐから、大丈夫。頑張る。
 
 右手が山、左手が谷になっている道を、私たちは進んだ。
 何だ、3人で歩いても大丈夫なほど、道は狭くはないではないか。

 
 駐車場からハイキングコースまでの単調な林道は、日陰で寒く、見晴らしもよくないのでつまらなかったが、山に入ったとたん楽しくなった。
 まっすぐにそびえる木々の美しい直線。谷を見下ろし、見上げれば青空が広がり、明るい日が差し込んだ。
 近くで、遠くで、時々、おじさんの鈴の音が聞こえた。

 3人だけじゃない。おじさんたちがいるから、何かあったら叫べば助けてもらえるかもしれないという安心観が、心を暖かくした。 


 下に降りると五丈の滝が見られます、このまま上に行くと滝を見下ろせる展望台に行けますという、看板が現れた。
 どっちにも、行きたいな。
 
 まずは下に降りて、滝を間近で見ることにした。
 展望台から眺めるより、間近で滝を見る方が、子どもたちも楽しいだろう。

 近道をしようとして急な崖をすべっってころんだりしながら、下のほうに見えている小さな川を目指す。
 滝は、ちっとも見えない。早く、その勇姿を見たいものだ。五丈の滝って、どんなに素敵な滝なんだろうな。


 やっと岸辺に降りる。川の上流に目をやると、小さな滝があった。
 あれっ、これだけ・・・?

 五丈って、大きな意味があると思っていたけれど、小さいっていう意味だったのかな。

 太陽も光子も、ふーんっていう感じだった。
 それよりも川の水を石でせき止めたり、川から顔を出している石の上を歩いて、反対側の岸辺まで行ったりして、遊んだ。


医療費をクレジットカードで払える病院
| 日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。