Sponsored Link

シングルマザーはウンチも処理する

 そんな感傷にひたっていると、光子が「うんこ」と言った。
 
 えっ、うんこ!?今日、2回目のうんちだ。仕方ない、待ったなし。

 誰もいない展望台でズボンとパンツを脱がせ、草の陰に座らせた。しゃがんだ光子のお尻から、太いうんちが出てきた。
 よしよし、えらいぞ。

 太陽は、外ではめったにうんちはしない。そうして、家に帰ったとたん、「お母さん、うんち」と叫ぶのだ。
 でも光子は、出かけた先でも歩いている途中でも、出たくなったらすぐ「うんこ」と言う。我慢しないのが、いい。


 太いうんちが2本に、小さいうんちも1個。
 ティッシュでお尻をふく。
 ふいたティッシュで、ころがっているうんちを崖から下に落とした。落ちていくうんちを、3人で眺めた。


 もっと景色を眺めてもいたかったが、太陽が「戻ろう」と言い出した。うんちもしたし、戻ることにした。さあ、景色を堪能したから、我が家に帰ろう。


 家に帰っての夕食は、宿の朝食に出た納豆をもらってきたものだった(さらにここまで節約、爆)。


離婚後のクレジットカード

シングルマザーの心がのびのび

 11時と早いけれど、ここで昼食にした。

 川の流れって、見ていてちっとも飽きない。流れていく水を目でずっと追い続けたいけれど、あっという間に流れ去っていく。そして、次から次へと流れてくる新しい水に、目を奪われる。
 水の流れを右から左へと追う。左の視線の端まで流れが来ると、急いで右の端に目を向ける。右から左、右から左。

 そして立ち上がって、ざあざあと流れる水全体を見渡す。
 川の一部を見ていたときと、川全体を眺めたときでは、川は違った印象を残す。

 川の水の一部を見ていたときは、きれい。川全体を眺めると、勇壮。元気が出てくる。

 
 太陽も光子も川辺で遊び続けたかったようだが、滝を見下ろす展望台にも行ってみたい私は、ふたりをせかして、降りてきた道を登った。
 たいした展望台ではないだろうと、滝を間近に見てがっかりしたことから思っていた。


 でも、滝見の松は素晴らしかった。
 何がって、滝が見下ろせたからではない。展望台という名の通り、そこだけ木がなくて見晴らしがよく、遠くの山々まで見晴らせたからだ。

 ああ、こんなに高いところまで私たちは登ってきたのね!って、うれしかった。
 青空が、とても近くに感じられた。

 この山の向こうにも、また山がある。そして、きっとその向こうにも山があるんだろうなあ。
 上を見上げれば、一面の青い空。雲がひとつもないのが、いい。昨日雨が降ったなんて、思い出せないほどの青いきれいな空。


 狭い岩の張り出し部分に、鎖がはってあった。そして、枯れかけた松が1本立っていた。
 滝は、鎖の外に出て、鎖につかまりながら音のする岩の下をのぞいてようやく見える程度。それでも、さっき見に降りていった滝があると思うと、うれしかった。ここからの景色に心が晴れ晴れとなったので、小さな滝でもなんでも素晴らしく思えるようになっていた。


眉毛・まつげ・育毛・発毛

シングルマザーは危なくても進む

 「どこ、行くの?」とおじさんに聞かれたので、「五丈の滝まで行くんです」と答えた。
 「3人で行くの?」と言うので、そうだと答えると、「危ないよお」と言われた。
 「崖っぷちだから、ひとりでふたりを連れて行くのは、危ないよ」と、おじさんが言った。


 それでも、もちろん、私は出かけた。
 だって、他にいないもの。夫は、いないもの。
 私が、両手でそれぞれの子供の手をつなぐから、大丈夫。頑張る。
 
 右手が山、左手が谷になっている道を、私たちは進んだ。
 何だ、3人で歩いても大丈夫なほど、道は狭くはないではないか。

 
 駐車場からハイキングコースまでの単調な林道は、日陰で寒く、見晴らしもよくないのでつまらなかったが、山に入ったとたん楽しくなった。
 まっすぐにそびえる木々の美しい直線。谷を見下ろし、見上げれば青空が広がり、明るい日が差し込んだ。
 近くで、遠くで、時々、おじさんの鈴の音が聞こえた。

 3人だけじゃない。おじさんたちがいるから、何かあったら叫べば助けてもらえるかもしれないという安心観が、心を暖かくした。 


 下に降りると五丈の滝が見られます、このまま上に行くと滝を見下ろせる展望台に行けますという、看板が現れた。
 どっちにも、行きたいな。
 
 まずは下に降りて、滝を間近で見ることにした。
 展望台から眺めるより、間近で滝を見る方が、子どもたちも楽しいだろう。

 近道をしようとして急な崖をすべっってころんだりしながら、下のほうに見えている小さな川を目指す。
 滝は、ちっとも見えない。早く、その勇姿を見たいものだ。五丈の滝って、どんなに素敵な滝なんだろうな。


 やっと岸辺に降りる。川の上流に目をやると、小さな滝があった。
 あれっ、これだけ・・・?

 五丈って、大きな意味があると思っていたけれど、小さいっていう意味だったのかな。

 太陽も光子も、ふーんっていう感じだった。
 それよりも川の水を石でせき止めたり、川から顔を出している石の上を歩いて、反対側の岸辺まで行ったりして、遊んだ。


医療費をクレジットカードで払える病院
| 日記

シングルマザーは山登り

 コンビニで買い物をしたあと、
ビジネス所管の駐車場に戻って車に乗り、山に向かって一本道を30分走った。
 小さな看板があり、そこを左折して上り坂の砂利道を走ると、駐車場があった。
 車を降りて、林道を歩き出す。


 砂利道の上り坂。
 太陽と光子はすぐに歩くのがいやになって、「お腹すいた」と言い出した。
 私がコンビニで買ったパンを、狙っているのだ。
 パンは五丈の滝に着いてから食べるつもりだったが、駐車場からハイキングコース入り口までの道が意外と遠かった。
 山登りは、最初の登り坂に体が慣れるまでが、いちばんきついのだ。


 20分も歩くと、車が停められるような広場があった。
 ここまでで、すでにハアハアしている私たち。この先、滝まで行けるのだろうかと、不安。
 子どもたちの「お腹すいた」コールがうるさいので、ハイキングコース入り口の手前で、パンを食べることにした。そこで看板を眺めていると、四駆が現れた。
 何だ、ここまで車で登ってきても、よかったのか。

 私たち3人が四駆を見ていると、中から3人のおじさんが出てきた。
 何かを採りに来た、格好をしている。もう、何回も来たことがあるという感じだ。

 聞いてみると、きのこ採りだそうだ。熊除けだろう、ひとりのおじさんが鈴を腰にぶら下げていた。
 鈴をつけていないおじさんが、チョコや飴を、太陽と光子に「はいよ」とぶっきらぼうに渡してくれた。

 太陽と光子は喜んで、ポケットにしまいこんだ。普段、あまり食べさせていないお菓子だったからだ。


 そして、私もありがたかった。
 山での楽しみは、景色以外は食べることだけ。だから、山で食べ物をいただけることは、何よりもありがたいことだ。いくらお金があっても、山に来てしまえば、買えないのだから。
 そんな山の中で、自分が持ってきた食料だけで過ごさなければならない山の中で、持ってきた食べ物を見ず知らずの人に分けてくれること。
 なんて、ありがたいんだろう。

 もう、パンを食べてしまったいたので、思いがけず増えたおやつを、ありがたくいただいた。
 太陽と光子は、お菓子をもらって、歩く元気が出た。ヨカッタ。


光ブロードバンド工事体験
| 日記

シングルマザーは歩いてコンビニ

 さて、朝食を終えてから、9時には代金を支払って旅館を後にした。
 宿帳もなく、名前も予約の電話のときに聞かれただけだった。
 
 宿の人は、私がここに泊まったということを、すぐに忘れてしまうんだろうなと思った。
 ただ、10月26日に大人1名、子ども1名の料金が支払われたという領収書だけが宿に残るのが、なんだか、寂しかった。

 私にとっては、離婚後初めての外泊という大インパクトなのに、宿の人にとってはただのお客さんだったというのが、ちょっとがっかりしたのかもしれない。


 車のトランクに荷物をしまった後、近くにあるはずのコンビにまで歩いていくことにした。
 3人でおにぎり4個では昼食がたりないので、買い足しに行くのだ。


 車で走るとさーっと通り過ぎてしまう、なんということのない道も、子供と一緒に歩いてみると楽しい。 
 歩道がない道を、車に気を付けながら歩く。

 コンビニでお赤飯のおにぎりをみつくろった後、ついお弁当コーナー以外の他の棚も眺める。それで節約節約と思っていたのに、つい、おやつ用にロールパンも買ってしまった。
 コンビにはすぐそこにあると思っていたのに、往復で1時間かかった。いい散歩になった。
 

ETC購入体験
| 日記

シングルマザーのこっそり節約の旅

 明け方、目覚めた。
 すぐに持参した小さなライトを、子どもたちの足元でつける。パアッと明るくなる。子どもたちは、目覚めなかった。

 背中の真後ろで、ストーブをつける。足が寒いので、子どもの寝ている布団の足元に、自分の足を突っ込んだ。
 そうして本を読んだり、日記を書いたりした。


 やがて明るくなり、太陽が目を覚ました。
 太陽は目が覚めると、すぐに起き出した。その声で、光子も目が覚めた。

 着替えて、朝食を食べに食堂へ行く。


 私は昼食代を浮かせるために、朝食用に出してあるご飯をもらって、おにぎりを作るつもりだった。
 食堂の隅に大きな炊飯ジャーが置かれてあり、おかわり自由だったのだ。

 ジャーのふたを開けると、昨日の夕食時にはたくさんのご飯が炊かれてあったのに、朝食用には少なめだった。おにぎりをたくさん作れるほどは、ご飯がなかった。
 朝食を食べるのは、私たちだけだった。


 それでもこっそりおにぎりを作るのが恥ずかしくて、宿の人が入ってこないか、ドキドキしながら、あわてておにぎりを握った。
サランラップもないので、
手にべたべたご飯がつきながら(恥)、おにぎりをこそこそ握った。


 また、子どもの手前、こそこそしながらおにぎりを握る自分が恥ずかしかった。
こんな節約している自分を、
子どもたちに見せるのが恥ずかしかったのだ。

でも、1円でもお金は余計に使いたくなかった。


 それでなんとかようやく、4個のおにぎりを握った。



 ふーっ、悪いことをしている現場を見つからないようにと心臓がバクバクして、落ち着いてゆっくり食べられなかった。ちょっと、バカみたい。
 それでも、昼食代の何百円かを浮かしたかったのだ。
 そう、10円でも1円でも、安くあげたかった。

 そして節約してでも、
こうして旅行してストレス発散をする自分を、
自分で自分をほめてあげたかった。


 離婚後のうつ

シングルマザーは自分で人生を歩く!

 ビジネス旅館での夕食が終わると、部屋に戻った。

 自分で布団を敷く。
 これならチップも必要ない(お金がヨケイにかからないのがうれしい)し、気が楽だ。

 せっかく食後のお皿洗いをしなくていいのだから、子供たちと布団の上ででも遊べばよかったのに、私は明日の山登りのコースのチェックで、気もそぞろ。
 車で初めての道を走るので、どれくらいかかるだろうかとか、光子がどれくらい山道を歩けるだろうかとか。

 私ひとりで子どもふたりを連れての明日の山歩きに、ドキドキしていた。
 うれしいのと、危険がないように細心までチェックしたい気持ちと、自分だけではなく、子どもたちも楽しんでくれるだろうかという心配とで。


 あっという間に、8時になってしまった。
 いつも8時には寝ることにしているので、何も遊んでやらなかったが、電気を消すことにした。

 私がふたりの歯を磨き、それから3人でぽっとんトイレで用を済まして、布団に入った。


 目をつぶる。
 自分の家ではないところで、寝ている自分。
 自分でここに泊まると決めて、自分で車を運転して来た旅館。

 よくやって来たなあ。頑張ったなあ、私。
 そして子どもたちも私についてきて、こんなところによくぞ泊まってくれたなあ。


 やれば、できるんだ。
 決意すれば、できるんだ。

 もう、誰にも相談しなくてもいいのだ。
 誰の承諾を得なくても、いいのだ。
 自分で決めて、子どもたちがいいよと言えば、それでいいのだ。


 私は、私の足で、私の人生を歩き始めている。
 何にも決まっていない、真っ白いページの上を、自分で歩いた足跡で埋めていこうとしている。

 なんて不安で、不安定で、そしてワクワクすることだろう!


能力開発

シングルマザーはデザートなし?

 さーて、やっと6時!
やっとご飯が食べられる6時!!


 私も太陽も、すごーく楽しみにしていた夕食!
 何が出るのかな?

 大人一人と子供一人分だけ、頼んでいた。光子は添い寝で、食事なし。ご飯だけ、用意してもらった。



 太陽には、ハンバーグやスパゲッティなど、お子様ランチによく出てくる品々。それにふりかけと、オレンジ・ゼリー。
 私には、しょうが焼きなど。

 もうちょっと豪勢な食事を予想していた私は、ちょっとがっかり。
 ま、値段を考えれば、当たり前か・・・。


 それでも、誰かが作ってくれた夕食。おいしい。

 太陽は、ふりかけだけでご飯を食べた。せっかくのハンバーグやスパゲッティは残していた。光子が少しハンバーグなどを食べ、私は、残った子どものおかずと自分のおかずでお腹いっぱい。

 ああ、私もデザート食べたいなと、ふたりが食べるゼリーを見て思う。
 フル・コースが食べられるようになるのは、まだまだ先だな、と思った。


眉毛・まつげ・育毛・発毛

シングルマザーは中浴場

 ビジネス旅館の部屋でパジャマをバッグから取り出して、子どもたちと「大浴場」に向かった。


 でも”中浴場”、だった。

 そうよね。大きい旅館じゃあるまいし。
 でも、我が家よりは大きい。
 3人で1メートル、泳げるくらい。

 うちにはシャワーはないけれど、ここにはある。
 シャワーからお湯をジャージャー出して、遊ぶ太陽。光子も、まねをする。
 備え付けのボディシャンプーのポンプを押して液体をたらいに入れる。シャワーのお湯をかけて、たらいの中を泡だらけにする。
 泡がなくなるとたらいのお湯を捨てて、また、ボディシャンプーを出す。

 もったいなけれど、ちょっと贅沢に遊ばせておいた。
我が家では節約、節約で、
そんなことできないからね(爆)。


 私は、久しぶりにゆっくり湯船につかることができた。
 普段はすぐに「熱い」と言って湯船から出てしまう二人におわれて、私も急いであがってしまう。でも今日は、太陽と光子は暑くなると湯船から出てシャワーやシャンプーで遊んだり、また湯船に入ってきて泳いだりしているので、私はいつもより長くお湯につかっていられたのだ。

 ああ、しあわせだった。


 さっそく、パジャマに着替える私たち。
 
 夕食は6時から。
 さっさとお風呂に入って時間をもてあましている太陽と光子は、玄関に鷲のはく製を見に行ったり、廊下を走ったりしていた。

 
納豆ダイエット? あるある大事典U捏造

シングルマザーが自分のために使うお金

泊まったビジネス旅館は安宿だけど、
大好きなお泊りを自分へのごほうびとしてプレゼントできるようになったこと。
自分が成長したなあと思う。


 養育費や児童扶養手当などから旅館代は支払うので、自分で稼いだお金じゃないけれど、少なくとも夫と共有しているお金じゃない。
 私がひとりで計画して、そして支払うお金だ。
 何に対してお金を払うか、私ひとりで決めたお金だ。
 私がひとりで、切り盛りしているお金だ。

 その中から、自分のために払うお金。
 自分が休めるように、支払うお金。
 子どもたちのためじゃない。純粋に、自分が遊びたいから払うお金。
 自分が楽しむ時間と空間を得るために、支払うお金。

 
 安宿に泊まって、お金のかからない登山する。お泊りは贅沢だが、登山で節約して楽しむという自分のアイディアが最高に思えた。

 ワタシ、よく頑張ったよー!
 ワタシ、よくやってるよー!
 ひとりでも、ちゃんと子ども育てて、生活できているよー!

 そう、叫びたかったのかもしれない。


 庭を見ながら、感慨にふけったのもつかの間。
 太陽は、「(部屋の)外に行ってくる」と言って、部屋から出て行った。光子ももちろん、あとを追いかける。 ふたりのドタドタと走る音が、廊下に響いた。
 まずい。うるさいと怒られるかも。


 部屋にトイレはついていなかった。ま、共同トイレなのは、安いから仕方ないよねと、トイレに入ってびっくり。
 ぽっとんトイレだったのだ。
 
 えっ、いまどき、汲み取り式のトイレの旅館なんて、あるんだ・・・。

 ちょっと呆然とした。
 我が家が汲み取り式のトイレなので、水洗式のトイレで、今日は用を足したかったのだ。

 安いから、しょうがない・・・。もう一度そう思って、自分自身を納得させた。


離婚後のクレジットカード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。